FFT      フジモリ・フィッシング・タックル


        

FCV探見丸 
 
 

FCV探見丸とは、正式にはFCV親機探見丸システムと言います。
従来の探見丸システムの親機ではなく、古野電気叶サ業務用魚探FCVシリーズ(FCV1500L、FCV1200L、FCV1100L、FCV1150)を親機に使い、オプションを追加して探見丸子機で見られるようにしたシステムです。
これにより出力が10倍以上になり水深が深くなっても映るようになります。
実際に通常の探見丸システムに振動子をスルーハル(貫通式)で取り付けてヤリイカの反応を見ると、160m位までしか映りませんでしたが、FCVシリーズに探見丸オプションを追加した親機ですと、270m位まで見ることが出来ました。
このように水深が深いイカやキンメには最高の親機になりますので、今後FCV探見丸搭載船が増えることを願います。
また、いつも行かれている船宿さんで、フルノのFCVシリーズをお使いの船長さんがいらっしゃれば、是非探見丸オプションの話をしてみて下さい。
探見丸システム搭載船については、潟Vマノ様HPで紹介しています。

ここでFCV探見丸システム搭載船を紹介します。
あの船であの魚の反応を見てみたいと思う方は、是非乗ってみて下さい。

探見丸システム搭載船

FCV探見丸システム搭載船
 


Copyright(C)2010 FUJIMORI・FISHING・TACKLE All Rights Reserved